マイク・スリンガーランド

e0132421_15345491.jpg




本日はSeabサーフショップのシェイパーの一人、マイクスリンガーランド氏をちょこっとご紹介いたします。


只今、マイク・スリンガーランドシェイプのサーフボード特別オーダー受付中です。(土日限定)



e0132421_14425648.jpg

マイク・スリンガーランド/エンシニータス CA

<ブランド>
サーフボードUSA

<シェイプ歴>
私は、1968年にソラナビーチにあるハンセンのファクトリーでシェイプを始めてから40年以上もこの道一筋でやっています。

<知名度>
サーフボードハワイでの「ハイドロ」(ボードのボトム面に世界ではじめて溝を掘る)というデザインを始め、ロングからショートまで、また全く新しいデザインと、どんな形でもあなたが求めるデザインと最高のクオリティを提供します。

<影響>
バリー・デルにスキル100プレーナーの使い方を教わりました。
バジィー・ソムリーにアウトラインとテンプレートについて教わりました。
親友でもあったドナルド・タカヤマに、クリーンなサンディング仕上げを教わりました。(この方法はティントには適さないもの。)

また、自身のサーフィンでより高いパフォーマンスを求める事がより良いボード作りに影響を与えています。



<哲学>
お客様と話をする際、彼らの言葉にしっかりと耳を傾け、彼らのライディングから何が問題で何が適しているのかを把握する事。

私にとっては、お客様である一人一人のサーファーがデザイナーです。

<エンシニータスの好きなところ>
えーと、、、“ローカル”ルールが最も栄えた1962年~1986年のエンシニータスがとても好きでした。
今よりもっと女の子達が多かったし、潮さえ合えばパーフェクトなビーチブレークがたくさん割れていました。
とはいえ今も尚、誰もが住みたいと思うジップコード(郵便番号)でしょう。


<風変わりなところ>
両利きなところ
[PR]

by bros-om | 2013-02-24 15:25  

<< トム•カレンさん 久さびさの >>