Cotopaxi

スポットアイテムとして、ちょこっとだけアメリカからアウトドアウェアーのcotopaxi =コトパクシが入荷しました。
e0132421_23324859.jpg


近頃、商品を購入することで、消費者が社会貢献できる仕組みが拡大してきています。
日本でも、コーヒーやオーガニックコットン製品、そしてチョコレートなどで「フェアトレード商品」が増えてきています。
フェアトレードとは、発展途上国で作られた製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の生活を支える仕組みです。

アメリカ、ユタ州に本拠地を置く「cotopaxi」は、アウトドアギアを販売するメーカーですが、フェアトレードの精神をさらに明確にした仕組みを提案して活動しているブランドです。
e0132421_23324915.jpg

例えば、Cotopaxi ブランドの水筒をひとつ購入すると、インドで飲み水の確保に苦労している人1人に、6か月間、きれいな飲み水を提供するための支援に使われる事になります。
e0132421_23324956.jpg

また、女性用の暖かいジャケットを購入すると、その売上の一部はグァテマラの女性のためのコミュニティにおいて、出産と育児のための母親への教育や、社会に出るためのトレーニング費用に使われます。ジャケットを購入することで、現在約6割を超えるグァテマラの乳幼児の高い死亡率を減らすことにつながるのです。
e0132421_23325017.jpg

上記はほんの一部の例で、

Cotopaxiは、現在 世界各地で貧困問題からなかなか抜け出せずに苦しむ人々を優先対象として、毎年売り上げの2%をこういった慈善活動の資金にあてています。
e0132421_23325196.jpg

e0132421_23325188.jpg

この活動は、影響力の強い各国のローカルコミュニティと連携し継続的かつ維持可能な解決策をとって行われているため、それぞれの問題解決に対して非常に合理的なものだと思います。
e0132421_23325213.jpg

また、cotopaxiのギアアイテムは、アウトドアメーカーというだけあり、品質やデザインにも自信があります。
e0132421_23325393.jpg

61年という長い期間の使用にも耐えうるように作ってあるそうです。(ちなみにこの61年間というのは、開発途上国での平均的な人の寿命だそうです。)

e0132421_23325399.jpg

Cotopaxi のウェアーは、世界各地 様々な国の契約工場で まさにフェアトレードで製造取引されています。ブランドの主なギアーであるバックパックなどの繊維製品はフィリピンやバングラデシュの自社工場で作られています。

そろそろ、価格やデザインだけで商品を選ぶのではなく、環境やソーシャルな意味を考えた消費を意識してみるのもどうでしょうか。
e0132421_23325490.jpg

興味のある方は是非お店まで足を運んでみて下さい。

seab surfshop
シーブサーフショップ
〒421-0422
静岡県牧之原市静波2220-581
tel&fax 0548-23-0277
営業時間
平日 10:00~18:30
土日祝 10:00~18:00
定休日 毎週火曜日
http://seab-s.com/




[PR]

by bros-om | 2016-12-10 23:26  

<< 年末年始のお休み HPD >>