<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

「1% for the SURFERS 東北地方太平洋沖地震」復興支援プロジェクト

「1% for the SURFERS 東北地方太平洋沖地震」復興支援プロジェクト







このたびの東北地方太平洋沖地震により甚大な被害を受けた被災地の方々の1日も早い復興をお祈りすべく、BROSとしても微力ながらも協力をしていくことが急務と考え、以下の通り、支援活動を実施させていただきます。
趣旨をご理解の上、何卒ご協力賜りますようお願いいたします。






対象商品



その1

ウエットスーツ、サーフボードオーダーフェアー



その2

ウエットスーツ、サーフボード店内商品




その3

サーフィン用WAX



お得なオーダーフェアー価格に関しましてはお店にてこっそりお知らせいたします。



■実施期間:3月26日~~未定。*可能な限り継続的に支援させていただきたいと考えております。





○対象製品の弊社売上額の1%を義援金に充てます。


○義援金は、正式な機関を通じて確実にお届けいたします。単に漠然とした形での寄付ではなく、情報を収集した上で被災地のサーファーのための支援に限定した形で寄付させていただくことを考えております。復興のためには、被災地の方々ひとり一人が生計をたてていかなければなりません。そのための支援の一助となればと考えております……サーファーによるサーファーのための支援活動です。

e0132421_19115053.jpg

[PR]

by bros-om | 2011-03-25 19:09  

地震、津波に注意して下さい。

マグニチュード8.8の衝撃は大丈夫でしたでしょうか?

こちら静岡(静波、御前崎)方面は、震度4ぐらいの地震で多少揺れを感じたものの大事には至らないといった感じです。

まだ各地で津波の注意報、警報がでているので気を付けてください。

特に東北、甲信越、北陸、北関東地方の皆様は本当に大変な目にあわれていると思います。

被災地の方々がご無事でおられることに加え、一日も早くみなさまがいつもどおりの生活に戻ることができるように祈念しております。
[PR]

by bros-om | 2011-03-12 16:59  

アレックス

e0132421_1634385.jpg


e0132421_1631962.jpg

VANSとJOEL TUDOR企画のコンテスト「JOEL TUDOR DUCT TAPE INVITATIONAL」。
JOELから招待されたサーファーが参加するこのコンテスト。

ボードの長さは9’2以上、重さも12パウンド以上、ノープラグ・ノーリーシュ・ノーサイドフィンのシングルフィンのみのコンテスト。

1月にアメリカSanta Cruzで行われ、ALEX KNOSTが優勝!
このときアレックスが着ていたウェットがアムステルダムウェットスーツでした。(Brendanさんメイド)


e0132421_15582054.jpg

今月号のON THE BOARDの表紙を飾りました。
e0132421_15582597.jpg

同じくON THE BOARD誌からアレックスの凄いボトムターン。

重たいシングルフィンのロングでこのボトムターン、

ロビー・キーガルもよくこんな感じのターンしてますけど、


ぱっと見、ニーボードのボトムターンみたいですよね。
[PR]

by bros-om | 2011-03-12 16:19  

驚きの新作ウェットスーツ

e0132421_15535276.jpg

今年のAX、AxxeClassic、BREAKEROUTの新素材はホント凄い!

この新素材でオール3mmフルスーツを作ると、いままでのS/Sスプリング(半袖半ズボン タイプ)の重さとほぼ同じくらいになります。

もっとわかりやすく言うと、いままでの3mmフルスーツより500mlのペットボトル(中身入り)約1本分軽くなります。



e0132421_1554213.jpg

新しいB.Oのカタログの中から、蔵人さん。

ここ数年、すっかりニーボードにはまっているようです。

相変わらず個性的でカッコイイですね。

知人からの話では、3月にオーストラリアで行われるニーボードの世界大会に行くとか、行かないとか、、、。

e0132421_1554725.jpg

3/12(土)から、

早速、新作のオーダーフェアーが始まります。

実物(ウェットスーツ)もお店で見ることができますので、

興味のある方はどうぞ海帰りにでも寄っていってください。
[PR]

by bros-om | 2011-03-11 16:25  

FREITAGだより

e0132421_1864221.jpg

春までひとっ飛び


寒い冬の後にフライターグ

もし、フライターグが季節だったら、春なのだろう。

どちらも、古い物を新しく生まれ変わらせるからだ。

春は、古い木から新しい命を芽生えさせ、フライターグは、使い古しのトラックタープを「F45 LOIS」と「F46 CLARK」へと新しく生まれ変わらせるのだ。






デイリーに役立つヒーロー


冬にスーパーマンが空を飛んでいる姿を見ることはない。

タイツだけではあまりにも寒すぎる季節だからだ。

するとまもなく、ドクター・スプリング(春)が現れて、世の中を解凍し始める。

それでも、ほとんどの人はスーパーヒーローなんて目にすることはない。

たくさんの人がスーパーヒーロー並に締まった体を目指してワークアウトし始めるけれど。

こんな時、フライターグの大きいボリューム感のあるスポーツバッグがピッタリだ。

フルレングスのジッパーで開閉可能なおかげで、「F45 LOIS」も「F46 CLARK」も素早い着替えを可能にしてくれる。

着替えの前、後、最中も、「特殊生命体」に必要なものを何でも詰め込めるほどのスペースを確保できる。

濡れたトランクス、電子ペットに、乾いたタオルとかね。

e0132421_18104380.jpg

もうすぐ春です。

夏もすぐ来てしまいます。

冬のあいだダラけていたひと、、、。

そろそろ体を動かす準備しましょう!

FREITAGのスポーツバッグを引っさげて、

いざジムへ!(事務じゃないですよ、、トレーニングジムね!)
[PR]

by bros-om | 2011-03-10 18:16  

旅(続)

e0132421_1524920.jpg

インドで初めてのサーフィンをしてから、



3日目の朝、



セットで胸~肩ぐらい、



この旅で一番サイズがあった日でした、、、。



そう、今回は波に恵まれませんでした、、、。

e0132421_15241440.jpg

まあ、



そんなにサーフィンのみというわけではないので、



ゆっくりした時間を過ごします。
[PR]

by bros-om | 2011-03-09 15:35  

旅(続)

e0132421_13361267.jpg

とりあえず宿をゲット!

今回思いました。

インドで宿を探すのは簡単です。

あとは、金額や設備の問題で自分が納得できるところがあるかどうかですね!


波は小さいですが、とりあえず 1R

インドでサーフィン、できました。
e0132421_13362020.jpg

サーフィンの後、

ここのあたりも歩いてみます。
e0132421_13362645.jpg

リゾート風なのは、ほんとビーチの真ん前だけ、、、。
e0132421_13364138.jpg

インドは基本アルコール類はあまり好まれません。

しかし、このあたりの外国人向けレストランなどではビールも飲めます。


メニューにはのってないので、ウェイターさんに聞いてみて


「あります。」って


金額的にはインドにしてはかなり高価ですね、、、。


グラスに入れてもらったら、瓶は紙に包んで「テーブルの下に置いて下さい」って。


やっぱり、一般的にはオープンな感じではないみたいです。
[PR]

by bros-om | 2011-03-05 14:35  

旅(続)


e0132421_1183955.jpg

バスに乗って一安心。

ボードも中でいいのかな、、?とか思いながら大丈夫みたいです。

e0132421_1184513.jpg

川が見えました。

インドといっても南インドはヤシの木がたくさんあったりして以外と南国風。
e0132421_1185234.jpg

終点で降りて、ビーチまで歩いてすぐ、

海だあ!!!!

波もなんとなく、、、、
e0132421_1185853.jpg

とりあえず、宿ですね、、、。
[PR]

by bros-om | 2011-03-04 11:15  

旅の続き

e0132421_128958.jpg

朝食後、外にでると以外と人が多くなってきました。

バスもたくさん走っているのでバス停もすぐみつかりそう。
e0132421_1281415.jpg

で、 すぐ見つけました。

大きなバス停。

が、ここは行きたいビーチまでのバスはでてないようで、

近くにいたヒトに聞いてみると、

線路をまたいで向こう側だと教えられ、

見つけました。

町全体は、慣れると以外とわかりやすい感じです。
e0132421_128304.jpg

ホテルをチェックアウトして、

ボードをもってバス停まで歩くのには少し距離があるので

タクシーを拾って、

わたし:「バス停までいくら?」

ドライバー:「これで」 

わたし:「半分なら乗ってくよ」

ドライバー:「おいおい、、。半分はないだろ、、。」

わたし:「じゃあ、いいよ歩いても行けるし。」

ドライバー:「分かった×2、、乗ってけよ。」

みたいな、こんなやり取りは当たり前のようです。

一応、ホテルの人とかに相場を聞いておくと交渉もしやすいです。


こういった交渉も楽しむつもりでやると良いですね!

旅は、なんでも楽しむことが大切です。
[PR]

by bros-om | 2011-03-03 12:36