人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

パワーブレードフィン

e0132421_20293480.jpg
ジョージ・グリノウ デザインのパワーブレードフィンが入荷しました。

7.8、8.2、8.5、8.8と各サイズの入荷です。
(7.8はsold out)
価格は、びっくりするほど高いです、、。
¥24800(税別)です、。

エリス・エリクソンと、アンドリュー・キッドマンをはじめとするエッジボードプロジェクトから生まれたフィンです。
このフィンそのものは、昔ジョージ・グリノウさんが作ったもので、エリスさんがそれを新しく作ったエッジボードに使用したのがはじまりです。
e0132421_20381434.jpg
画像右側が昔ジョージさんが作ったパワーブレードフィンになります。photo Mark Andreini 

このパワーブレードフィンは当時2本作られ、1本はエリスさん、もう1本はマーク・アンドレイニ氏が所有しています。

大きな特徴としては、先端のうちわのようになっている部分が左右にツイストするような動きになることです。
また、ターンする際に細い根元の部分とフィン全体が横へ しならないように縦目が非常に太く単行性に優れたクロスを使用しています。
この特殊なクロスと、エポキシ樹脂の組み合わせで、まるで魚が泳ぐときに身体をツイストさせるような動きが生まれます。
1番の利点は、シングルフィン特有のフロー性能を保持したまま、これまでシングルフィンでは不可能だったスラスターのようなバーティカルな垂直な動きが可能になったことです。
ハードなターン時もラインをホールドし、十分なドライブで長いボトムターンを描きフェイスにストレートアップさせる事ができます。

カリフォルニアのTrue Ames Fin社のオーナーであるチャック氏が、マーク・アンドレイニ氏の保有するオリジナルのグリノウさんメイドフィンから、ツイストパターンを計測し、この特殊な材料をつきとめ、それを確保し、チャックさん自らがいくつかのプロトタイプ製作をしてやっと出来上がった代物です。
ちなみに、昔グリノウさんがフィンを製作する際は、このチャックさんのファクトリーから出るフィンの廃材を貰って作られていたそうです。

このデザインはエッジボードのボトムに最も適していると考えられていましたが、トライプレーンハルのセンターディープコンケーブにもとても良く適しています。

気になる方は、お店まで!

Sean Sales 






by bros-om | 2019-02-20 20:29  

オートジップシステム ウェットスーツ!

今密かに話題の AUTO ZIP SYSTEM 2mmフルスーツが3/10より、いよいよ販売開始になります!
e0132421_21084956.jpg
ファスナーを上げ下げすることで自動的に、バリアーも上下に連動する画期的なシステム!
e0132421_21085166.jpg
伸縮性があり、軽量なストレッチファスナーを使用。
e0132421_21093704.jpg
ネック後部の構造を見直し、パドリング時の首への負担を大幅に軽減。

と、その前に!

3/2(土)には、サンプルスーツがお店に届きます。

こちらのニューコンセプトスーツ「AUTO ZIP SYSTEM」を、皆さんのインスタグラムやFacebookなど、SNSに投稿して頂くと、アックスクラシック、アックス、ブレーカーアウトの非売品グッズをその場でプレゼントしちゃいます!(3月末まで)
e0132421_21095617.jpg
プレゼントが欲しい方は簡単です!

当店にお越し頂き、このAUTO ZIP SYSTEMの2mmフルスーツを下記のハッシュタグと一緒に投稿するだけ!

#azswetsuits 
#axxeclassic 
#breakeroutwetsuits 
#seabsurfshop 
#アックスウェットスーツ 
#アックスクラシック
#ブレーカーアウト

詳しくは店頭まで!!

Seab Sales




by bros-om | 2019-02-14 21:08  

自然と上手に付き合おう

e0132421_23115501.jpg
Photo : goodsurfwax

good surfwax に使われる樹液は、オーストラリア  サンシャインコーストの森の木々から採取されています。

松の木の幹に傷をつけて流れ出る松ヤニを採取しますが、これにより松の木が枯れてしまったり、森が減っていくことはありません。
彼らは、資源を使い切りではなく、持続可能な方法でgoodsurfwax を作っています。

余談ですが、
メープルシロップを採取するときは、カエデの木の幹にパイプを挿し込んで樹液を集めます。
ゴムの木やウルシの木の場合は、木の肌にY字型などの切り込みを入れて、その下にたまった樹液を集めるそうです。

重要なのは、このパイプの挿し込みや切り込みのやり方です。
木の幹を、ぐるっと一周傷つけてしまってはダメなんです。
これをやると木が枯れてしまいます。

彼らは、自然と上手に付き合っていく方法を知っています。

皆さんも自然と上手な付き合いを、goodsurfwaxからはじめてみませんか?

e0132421_23062276.jpg

Seab sales


by bros-om | 2019-02-07 22:19