Mark Thomson Thruster(トム・カレン モデル)

e0132421_12183256.jpg

Krypt Surfboards. (クリプトサーフテクノロジー)
E.P.S+EPOXY(イー・ピー・エス+エポキシ)
Thruster 6'1"×18 1/2"×2 1/4" .(スラスター モデル)
shaped by Mark Thomson.(マーク・トムソン デザイン&シェイプ)
¥193,200(税込み)

Lost.TV-Tom Curren5'5×19 1/4

これは、15年ぐらいまえの映像です。この中でトム・カレンさんが使用しているのがマークさんシェイプのサーフボードです。そして、トムカレンさんとジョージ・グリノウ氏、マークさんとで作り上げたのが、今回紹介したマーク・トムソンシェイプのスラスターです。トム・カレンさんは、最近でも同じモデルのカーボンボードをオーダーしてくれるそうです。サーフボード好きで有名なラスタなんかもオーダーしてくれるそうですよ。
e0132421_2084896.jpg

4年ぐらい前、ヨーロッパのサーフィン誌の表紙を飾りました。MTシェイプのボードでラスタさん。(RASTA)

# by bros-om | 2008-12-31 13:18  

アライア(KIRIMARU)

e0132421_15305190.jpg
e0132421_15311430.jpg

GEAR'S Surfboards. KIRIMARU 6’6”. Shaped by Yuichi Endo.
カスタムオーダーです。ちょっと時間はかかりますがオーダーできます。ティンバーボードを所有するには、通常のサーフボードよりちょっとだけメンテナンスが必要です。ただし、そうしたメンテナンスはウッドボードのオーナーとしての楽しみでもあります。
桐のいい香りがします。

# by bros-om | 2008-12-04 15:55  

Surf Mat 入荷

e0132421_1422361.jpg
e0132421_14224770.jpg

SURF MAT. MT5 model
サーフマット(MT5)、ついに日本上陸です!!

# by bros-om | 2008-11-16 14:24  

KIRIMARU(Alaia)

e0132421_17155882.jpg

上の画面左から、5’11 7/8”、 5’11 15/16”、 6’6”.
e0132421_1716635.jpg

これは一番左の KIRIMARU(Alaia) 。
e0132421_17161267.jpg

デッキ面(写真上)
e0132421_17161993.jpg

ボトム面(写真上)
e0132421_17162872.jpg

e0132421_17163998.jpg

コンケーブはしっかり入ってます。ちょっと見えにくいですね・・・・。
e0132421_17164961.jpg

ロッカーはこんな感じ。ほぼフラットです。
e0132421_1717120.jpg

KIRIMARU (Alaia).  Shaped  by Yuichi Endo
ただの薄っぺらな板に見えますが、これでも立派なサーフボード!それは、古代ハワイのサーフィンにまで遡ります。これは、Alaia(アライア)と呼ばれているサーフボード。
40年代、トム・ブレイクとボブ・シモンズがサーフボードにフィンを付けるまではフィン無しボードが当たり前だったそうです。現在、沢山のボードデザインが見直されるなか、ついにこんな所まで行き着いたサーファー、シェイパーたちがいました。
しかし、これに乗るのは並大抵のレベルじゃ無理ですよね?古代ハワイアンたちのボードがいかに難しかったか、そして一本のライディングがどれだけ大切であるか、身をもって知ることが出来るのではないでしょうか・・・・・。
現在、世界中の多くの巨匠シェイパーたちがウッドからボードを作り出す古代の方法を再び取り上げているようです。桐を使ったウッドボードのシェイパーでは、オーストラリアのトム・ウィグナー氏が有名ですが、日本にもこういった技術をもち、同じようなアプローチをしているシェイパーさんがいたのです。

# by bros-om | 2008-11-10 17:47  

surf mat

e0132421_17485756.jpg
e0132421_1749692.jpg
e0132421_17491414.jpg

サーフマットMT4は、チョットロッカーがついたタイプです。
e0132421_17493531.jpg

こちらMT5は、ロッカー無しのフラットタイプ。マークさん一押しのモデルです。
e0132421_17502861.jpg

マークさんのライディング 1 です。なんと、surf matのワールドチャンピオンなんですよ!
e0132421_17503443.jpg

マークさんのライディング 2 。 

サーフマットは、ただの浮き輪みたいな感じだと思っていましたが、かなり奥が深いようです。10フィートオーバーの波もいまだ現役で滑るマークさんは、波が小さい時にはほとんどサーフマットでサーフィンしています。かなりのスピードで走ります。これにもやっぱり技術が必要で、サーフマット自体は一見「空気少ないんじゃない?」って感じに見えるぐらいで、ライディング中にマットを握ったり、押したりしてマットの中の空気を移動させてスピード調整しているんだそうです。
サーフマットには幾つもタイプがあるそうで、その中でも今回は、MT4、MT5というタイプを紹介しました。MT???って、そう!実はマーク・トムソン モデルなんです。マークさんは、他にもあと3タイプのシグネイチャーモデルをだしているそうです。恐るべしウォーターマンです。

# by bros-om | 2008-10-16 18:18